遊漁船に関する情報や開業・登録に関するサイト

遊漁船.com

登録方法

遊漁船業の登録申請手続きの手順以下の通りになります。

1.遊漁船業務主任者を選任する

<遊漁船業務主任者の資格要件>

  • 操船資格(海技士または小型船舶操縦士の資格を持っていること
  • 遊漁船業の実務経験が1年以上あること。または遊漁船業務主任者の指導による10日間(1日につき5時間以上実施されたものに限る。)以上の研修を修了していること
  • 遊漁船業務主任者講習を受講し、5年以上経過していないこと
  • 特定免許(タクシーの二種免許のようなもの)の資格を持っていること

2.損害賠償保険に加入する

旅客定員1人あたりのてん補限度額が3,000万円以上であることが必要です。

3.業務規程を定めていること

4.営業所の所在地を管轄する支庁へ、必要書類と登録手数料を添えて登録申請を行う

申請書類

申請を行う際に必要な申請書類の一覧です。

− 申請書類一覧表 −
必要書類 個人 法人
登録申請書(別記様式第一号)
誓約書(別記様式第二号)
実務経験・実務研修証明書(別記様式第三号)
遊漁船業務主任者選任誓約書(別記様式第三号の二)
損害賠償措置が農林水産省令で定める基準に適合することを証する書面
(保険証券等の写し)
船舶検査証書の写し
海技免状又は小型船舶操縦免許証の写し
遊漁船業務主任者講習修了証明書の写し
登記簿謄本
住民票抄本又はこれに代わる書面
住民票抄本又はこれに代わる書面(法人役員)
法定代理人の住民票抄本又はこれに代わる書面
遊漁船業務主任者の住民票抄本又はこれに代わる書面
(事業者が遊漁船業務主任者を兼任するときは不要)
営業期間に係る誓約書(事務取扱要領別記第2号様式)
遊漁船業等に関する事業実績及び事業計画申告書
(事務取扱要領別記第3号様式)

※下記の拒否事由に該当しないことが必要

  1. 遊漁船業の登録を過去に登録を取り消され、その処分のあつた日から2年を経過しない者
  2. 遊漁船業者で法人であるものが、過去に登録を取り消された場合において、その処分のあつた日前30日以内にその遊漁船業者の役員であつた者でその処分のあつた日から2年を経過しないもの
  3. 事業の停止を命ぜられ、その停止の期間が経過しない者
  4. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から2年を経過しない者
  5. この法律(遊漁船業の適正化に関する法律)、船舶安全法、船舶職員及び小型船舶操縦者法、漁業法若しくは水産資源保護法又はこれらの法律に基づく命令の規定に違反し、罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から2年を経過しない者
  6. 遊漁船業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者でその法定代理人が前各号のいずれかに該当するもの
  7. 法人でその役員のうちに第1号から第5号までのいずれかに該当する者があるもの

遊漁船業登録のお申し込み

遊漁船.comへのお問い合わせ先

その他の遊漁船業関連業務も取り扱い中!!

免税軽油使用者証の申請

PROFILE -海事代理士の紹介-

海事代理士 松本 誠

当サイトを運営する海事代理士の松本と申します。
遊漁船に関する情報や開業・登録に関することでお困りの方への手助けをさせて戴いております。
親身になってお手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。
また、書類等の作成や手続きに関しては、当事務所の行政書士が対応しますので、ご安心下さい。

船舶・ボート免許更新サイト

▲PAGE TOP▲

copyright © シーサイド海事法務事務所 all rights reserved.